参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.97

壁を乗り越えたけれど、その先には壁が見えました。

壁の先には壁しかありませんでした。

でも人間とは欲深いものだから、課題が克服できたら越えようとする。

僕は人一倍欲張りだから、何度でも越えようとする。

(羽生結弦)

 

目標を定め、それを達成するために努力する人には、必ず何らかの壁が表れてくる。

 

目標を決めない、あるいは努力をやめる、そうすれば壁は出てくることはない。

 

自分はこれぐらいの人間だろう。

今まで十分努力した、これぐらいでいいだろう。

でもそんな風に考えるのは、自分に対して冷たい。

 

自分はまだまだ成長できるはず、壁を乗り越えた先の自分を見てみたい。

 

そんな風に自分に温かい心を送って、一つ課題が克服できたらさあ次の課題と何度でも乗り越えどこまでも成長を続けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.97