参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.113

マンデラのケースを見ると、性格とは、自分自身で形成していくものだということがわかる。

(リチャード・ステンゲル 『信念に生きる』より)

 

投獄され27年間もの間、刑務所での生活を強いられ、最終的には南アフリカ共和国の大統領となったネルソン・マンデラ氏。

 

感情をあらわにし、衝動的な行動が多かったマンデラ氏だが、厳しい獄中での生活を経て、めったに怒りを見せることのない人物に変わったことで、肌の色に関係なく多くの人の心をとらえることができた。

 

まったく正反対の性格へと変わっていったのは、単に歳を取ったということではない、様々な経験をし、そのたびに考え、自らで変化させていったから。

 

人はどのようにでも変わることができる。

 

なりたい自分を思い描き、それに沿った行動を心掛け、自分自身で自分を育てていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.113