参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.119

人生を変えるきっかけっていうものは、日常茶飯のいろいろなところに転がっていると思うんです。

転がっているのに気付くか、気付かないか。

気付いたときに取るのか、取らないのか。

(向井千秋 日本人初の女性宇宙飛行士)

 

人は誰でも実は結構高い感性を持っていて、いろんなことに気づけているはずなのだが、様々な理由で気づかずに過ぎていく機会がある。

 

何となく気になっていたけど、そのままにしていたら後で結構問題になったり、ついつい先送りしてしまっていたことが、いよいよやらないといけないことになった時には、結構大変な作業になっていたりとか、そんな経験が少なからずあるかもしれない。

 

お金と同じように、やらないといけないことにも時間の経過とともに利息が付いていく。

 

気になることはその場ですぐに済ましていくと、意外と簡単に済んでしまうことが多い。

 

何でもすぐに片付ける習慣を身に着けると、感性は高まり、チャンスをつかむ能力も高まる。

 

今日もテキパキとやることやって、感性高く運にいい人になっていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.119