参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.124

年とるってのは細胞が老けることであって、魂が老けることじゃない。

(矢沢永吉 ロックシンガー)

 

今までだったら風邪をひいても一日で治っていたものが、なかなか治らず何日か引きずるなど、年齢とともに身体は衰えていく。それは仕方のない事実。

 

人の魂は肉体とは別のものとして存在するもので、魂のレベルはその人の経験によって、あるいは経験に対する受け止め方によって年齢と同じように老けてしまう場合もあるが、いくつになろうとも成長させることもできる。

 

歳をとり若いときとの違いを感じたとしても、魂のレベルを上げ続けるために、感じたこと、経験したことに対して落胆することなく、単に事実としてとらえて、そこからどうするかを考え、魂を磨いて、輝いた人であり続けましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.124