参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.163

僕も30年間プレーしているけれど、全てのシュートが入る訳じゃない。

入らないことは全然問題ない。大事なのは入るまで打ち続けること。

(ステフィン・カリー NBA選手)

 

数百人の観衆が見つめる中、少女がシュートを放った。

緊張からか残念ながらそのシュートは外れた。

恥ずかしくてそそくさとその場から離れようとしたとき、彼女を呼び止め、ステフィン・カリーは語った。

 

「入らないことは全然問題ない。大事なのは入るまで打ち続けること。」

 

世界最高レベルを誇るNBAのトッププレイヤーであっても、シュート成功率が100%ということはあり得ない。

 

完璧であることが素晴らしいのではなく、完璧を目指して努力を続けることが素晴らしく、それをやってきたからトップになれたのだろう。

 

上手くいかないことがあったからと言って、あきらめてしまうのはもったいない。

 

繰り返しの行動で必ず人は上達する。自分を信じて、続けていきましょう。

 

NBAスター ステフィン・カリーの感動動画 https://www.imishin.jp/stephen-curry/

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.163