参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.178

みんな、目の前の損得を気にしすぎるような気がする。

これは割に合わないからやめようとか。

でも、人生は目先の損得では決まらない。

(パパイヤ鈴木 振付師)

 

かつて阪急百貨店梅田本店の大食堂では「ソーライス」という裏メニューがあった。

 

当時の人気メニューは「ライスカレー」、これにソースをたっぷりかけて食べる。これが当時の流行だったが、昭和恐慌の真っただ中、生活に苦しむ若いサラリーマンを中心にライスカレーではなく、ライスだけを注文し、それにソースをたっぷりかけて食べる客が多く現れた。

 

百貨店の上層部はこの事態を問題として「ライスだけの注文はご遠慮くださいませ」と張り紙をして、そういったお客を締め出そうとした。

 

ところが創業者の小林一三氏は、むしろ歓迎する姿勢をとり、「ライスだけのお客様を歓迎します。」と張り紙をし、翌日の新聞に「当店はライスだけのお客様を歓迎します。」と、広告まで出したのである。

 

従業員の中には、この対応に疑問を持つものや反発するものも多かったが、小林氏は「確かに彼らは今は貧乏だ。しかしやがて結婚して子どもを産む。そのときここで楽しく食事をしたことを思い出し、家族を連れてまた来てくれるだろう」と言って諭したという。

 

その後、実際に関西財界人の間でソーライスを懐かしむ声が多くあり、景気が持ち直してからもあえてライスだけを注文し、懐かしい思いでソーライスを食べ、高額のチップを皿の下に忍ばせた。そんなエピソードが数多くあったという。

 

人生は短いようで長い。

目の前のことを大事にする姿勢も必要だが、長期的な視点で今を考えることも大事。

 

視野を広く持ち、様々な視点から物事を見て、楽しく充実した人生を過ごしてまいりましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.178