参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.194

九つまで満ち足りていて、十のうち一だけしか不満がない時でさえ、人間はまずその不満を真っ先に口から出し、文句をいいつづけるものなのだ。

なぜわたしたちは不満を後まわしにし、感謝すべきことを先に言わないのだろう。

(三浦綾子 作家)

 

不満は期待の裏返し。

不満を感じるということは、何かに期待しているということ。

期待しているということは、今より良くなろうとしていること。

 

不満と期待はつながっているものではあるけれど、不満として表すときと、期待として表すときとでは相手に対してはもちろん、自分に対しても次の行動が違う。

 

不満に感じることがあるときには、それだけ自分に期待をしてもらえているということ。

 

そう思えるようになるためには、感謝の気持ちが必要だ。

 

「ありがとう」どんなときにもこの美しい感謝の言葉を真っ先に伝えて、前向きな行動で日々をより良いものにしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.194