参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.200

未来に向き合うには二つの方法がある。ひとつは心配、もうひとつは期待だ。

(ジム・ローン 起業家・自己啓発作家)

 

常に心配が頭をよぎるネガティブ思考の人。

 

いつも期待する気持ちを持つポジティブ思考の人。

 

アメリカの調査会社Gallup社の調査によると、日本人のうちポジティブな人の割合は66%、ネガティブな人の割合は34%という調査結果がある。

 

ポジティブなことはいいことで、ネガティブなことは悪いことのようなイメージがあるが、成功者には意外とネガティブ思考だという人が多い。

 

UNIQLO の柳井正氏が毎年社員に送る年頭の挨拶メールでは、「崩壊」「困難」といったネガティブワードが多く並ぶ。

 

危機感を持ち続けることが、永続的な成長には欠かせない。

柳井氏はそう考えているようである。

 

ポジティブ思考の代表は松岡修造氏。

彼のポジティブな言葉が並ぶ「まいにち修造!」は、カレンダー売上ランキングの常に上位に位置している。

 

彼はウインブルドン大会で雨で6日間試合が順延された時、ネガティブな思考に陥ってしまい、試合に大敗してしまう。

 

その経験からどんな時も心をポジティブに保とうと決めたという。

 

結局のところネガティブかポジティブか、どちらがいいということではない。

 

心配だから動くという人、期待があるから動くという人、あるいは心配と期待の両方があるから動けるという人、それぞれ人によってタイプがあるのではないだろうか。

 

心配は、行動を起こさなければ解消されることはない。

 

期待は、行動することで現実のものとなる。

 

心配と期待、未来に向かう二つのエネルギーをうまく活用し、一歩一歩前進を続けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.200