参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.204

私たちは単純に、物事は「こうだ」、あるいは「こうあるべきだ」と思い込んでいるだけである。

そして、私たちの行動や態度、考え方そのものも、こうした思い込み=パラダイム(考え方、見方)から生じている。

(スティーブン・R・コヴィー 米国の経営コンサルタント)

 

国土の大半が砂漠であるドバイやサウジアラビアなど、中東の砂漠地帯の国々ではたくさんの砂が輸入されている。

 

いくらでも砂がある国々であるにもかかわらず、近年、大量の砂を必要としており、米国やオーストラリアなどから、砂を輸入しているという。それらの輸入された砂は、建設に必要なコンクリートの材料となる。砂漠の砂は粒子が細かすぎて、コンクリート造りには向かない。なのでコンクリート造りに適した砂を輸入しているのだ。

 

スコットランドは、現在サウジアラビアに大量の砂を輸出し、大きく外貨を獲得している。これは思い込みを捨てることによって掴んだチャンスである。

 

思い込みを作っている原因はいろいろとあるが、その一つに感情がある。

 

いらない思い込みを捨てるため、気持ちを一旦リセットして、ニュートラルな気持ちでチャンスをものにしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.204