参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.224

高い次元で集中力を維持するためには、それと同じ次元の体力が絶対的に必要です。

だって体力がなくなってヘロヘロになってしまったら、集中力も何もなくなってしまいますから。

(佐藤琢磨 レーシングドライバー)

 

F1とインディカーレースの両方に出場経験があり、両レースで表彰台も経験している唯一の日本人、それが佐藤琢磨(42歳)である。

 

世界3大レースの一つであるインディカーレース。第1回は1911年、なんと明治44年から開催されており、30万人以上の観客が訪れる人気のレースなのだ。

 

楕円形のコースを最高速度370kmで200周、心拍数は160~180/分に上がり、3時間以上続く。

 

集中力を失うと一種でクラッシュしてしまう。

 

体力的にも精神的にも大変過酷なレース。

 

欧米人に比べて体格に劣る佐藤選手であるが、2010年からインディに参戦し、今も活躍している。

 

佐藤選手は学生時代、優秀な成績で早稲田大学に入学。

 

体や精神を鍛えるための方法をしっかり研究し、強い心を維持するためにはまず体を鍛えることだと考え、現在の活躍のもととなっている。

 

スポーツ選手のように体を鍛える必要はないかもしれないが、どんな仕事をしていても、集中力が必要な時はあるし、心が試される瞬間は必ずある。

 

高い次元でパフォーマンスができるように体を鍛えて、心を高めていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.224