参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.229

くすぶっている時間は決してムダではない。

その苦しい時間に真っ正面から取り組めば、必ずや、ブスブスの火が勢いよく燃え上がる時がやってきます。

(齋藤 孝 『くすぶる力』より)

 

科学的に立証されているものではなく、仮説にすぎないものであるが、人にはバイオリズムというものがあると言われている。

 

身体と感情と知性、それぞれの周期で上がり下がりするので、調子のいいときがあったり、悪いときがあったりするという。

 

いいも悪くもなく、ただモヤモヤとくすぶっている時期も、もしかしたらあるのではないだろうか?

 

いいときはいい勢いがあるし、悪いときはもがき苦しむ勢いがある。

 

くすぶっているときは、意識して課題に向き合わないと、なんとなく時間だけが過ぎてしまう。

 

逆にくすぶっている時に、真正面から課題に向き合えば、いい流れが出始めたときに素晴らしいパワーが発揮される。

 

モヤモヤくすぶっているときこそチャンスと捉えて、フル充電でスタートできるように準備を進めていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.229