参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.231

臆病な人間は批判をし、勝利をを収める人間は分析をする。

批判は人の目を見えなくするが、分析は人の目を開いてくれる。

(ロバート・キヨサキ 投資家・著述家)

 

人が成長していくプロセスで批判はつきもの。

批判をもらえるだけホントはいいことなのかもしれない。

 

今年、大リーグのマリナーズを引退したイチロー選手。彼は様々な批判を最も受けてきたプロ野球選手だろう。

 

大リーグで19年に渡ってプレーをしてきたが、8年目の年「単打しか打てないモスキート(蚊)だ」と言われ、翌年2009年には「イチローの型にはまった一連の行動は、バカげていると思う」と批判されるなど、数え上げたらきりがないほどの批判にさらされてきた。

 

たくさんの批判を受けてきたにもかかわらず、そのことを問題にせず前人未到の記録を残し、現在はマリナーズで会長付特別補佐として球団でコーチの役割を担っている。

 

現役引退後、コーチとして球団に残れる割合は少ない。

 

様々な批判の通りの選手だったならば、球団はコーチの職を依頼しなかっただろう。イチローは批判を批判として受け止めるのではなく、冷静に分析していたのではないだろうか。

 

当初は目標に対するストイックな行動に対して、独りよがりで孤立しているような批判が多かった。しかし、大リーグでの後半の野球人生は、彼にあこがれ、彼を慕って、指導を仰ぐ選手が多く、人間的な印象が変わったようにも思える。

 

そのことは彼がまさに批判を受け止め冷静に分析し、自分の成長の糧にしていったことを物語っている。

 

批判をすることは何のプラスにもならないが、批判されることは自分の考え次第でプラスにできる。

 

また、批判の対象にもならない、相手にされないような段階はそれはそれで寂しい。

 

前向きにとらえて前進する方法はいくらでもある。

 

今日も明るく元気に前向きに道を進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.231