参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.233

型ができてない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。

型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。

(立川談志 落語家)

 

「江戸落語若手四天王」と言われた立川談志。

 

落語界で今まで誰やらなかったようなことに常にチャレンジをしてきた談志師匠。

 

型破り、でたらめ、創造的で革新的など様々なことを言われ続けてきた。しかし、現在の上方落語協会の会長桂文枝が、談志に憧れて落語界に入門したなどの事実を考えると、彼が残した功績は大きいのではないだろうか。

 

本人が述べているように基本がしっかりしているから、荒唐無稽ではなく、革新的なものとなる。

 

家やビルも基礎がしっかりしていないと、何か大きな衝撃があったときには崩れてしまう。

 

あらためて基本の型をしっかり点検して、揺るぎなく安定的に道を進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.233