参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.239

何人に対しても悪意を抱かず、すべての人に慈愛を持って、正義を固く守り、今行いつつある仕事を成し遂げるために努力しようではないか。

(エイブラハム・リンカーン 米国第16代大統領)

 

人として望ましい立派な心の在り方を美徳と言い、人として認められないものを悪徳という。

 

「徳」という言葉は仏教でよく使われるが、キリスト教においても徳は大切なものとされている。

 

怒り・嫉妬・強欲・傲慢・暴食・色欲・怠惰は人間を罪に陥れるものであり、死に至る大罪として「七つの大罪」と言われている。

 

それに相対する存在として、寛容・慈愛・分別・忠義・節制・純潔・勤勉は人生を幸せへと導く「七元徳」である。

 

これら7つすべての徳が発揮されれば、大変な美徳の持ち主となることができるだろうが、今の私からすればほぼ神のような存在に思える。

 

仮に全てを満たすことができなくても、何か一つ、例えば慈愛の心を持ち続けることができれば、何度も何度も挫折から立ち直り、大統領に上り詰めることができたリンカーンの様に、目的にかなう生き方ができるだろう。

 

七つの徳を大切に考えつつも、まずは一つ、自分の大切にしたい徳をしっかりと守って、徳のある人物へとなっていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.239