参謀note

気付きの走り書きメモ

コンプライアンスを改めて考える

今日では様々な企業において、コンプライアンス研修というものが実施されています。

それだけこの言葉が広く浸透してきているものだと感じます。

 

では、そもそも「コンプライアンス」とは何でしょうか?

「コンプライアンスとは何か?」という問に対して、「法令遵守」と即答される方は多いと思います。

 

しかし、果たして「コンプライアンス=法令遵守」でよいのでしょうか?

「コンプライアンス=法令遵守」だとすれば、「法律を守っていれば、コンプライアンス違反はしていない」と言えることになります。

 

しかし、近年、法令違反はしていなくても、世間から非難を受ける企業が多くあります。

それは法令違反だからではなく「企業倫理違反」「道徳に反する」という理由からです。

 

以上から、法令だけではなく、より広く「企業倫理」や「常識」に反しない企業活動が重要であると言えるのではないでしょうか。

また、コンプライアンス違反であるか否かの判断基準は、「常識」、ひいては「良識」なのではないかと思います。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀赤尾 真史

参謀の特長
人材サービスのベンチャー企業において、企業法務を中心に経営管理業務を行う。企業法務だけにとどまらず、社内の管理体制の構築に従事。
お問い合わせ
  1. コンプライアンスを改めて考える