参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.243

表面は柔和で、謙虚で、弱いものいじめなど絶対しない。

それでありながら、いざという正念場では死んでも後退しない人。

そういう人こそ、気骨ある人だと思います。

(小島直記 伝記文学の第一人者)

 

日本の偉人としていつもトップクラスの人気は、織田信長だそうだ。

 

次に人気が高いのは坂本龍馬。

 

そして、豊臣秀吉、松下幸之助、徳川家康と続き、野口英世、土方歳三、西郷隆盛もランクされている。

 

実際のところ彼らがどんな人柄だったのかはわからないが、しかし、様々な書物から言い伝えられているものはあり、成し遂げてきた偉業から想像された部分もある。

 

小島氏の今日の名言に記された気骨ある人は、まさに私が憧れる西郷隆盛そのものだと思える。

 

心理学で「モデリング」という言葉がある。

 

対象の人物に少しでも近づきたいという心理作用であるが、モデリングを利用して、ただ単に憧れるだけでなく、自分のなりたい人柄へと成長していきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.243