参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.248

価値観は、あなたに行くべき道を示してくれる。

すべきこと、すべきではないことを教えてくれる。

価値観が明確であれば、「これからしようとしていることは、自分の価値観に合っている?」と自問することができる。

答えがイエスなら、実行すればいい。答えがノーなら、やめるべきだ。

(エリック・ベルトランド・ラーセン メンタル・コーチ)

 

エリック・ベルトランド・ラーセンは、軍隊での経験の後、交通事故をきっかけに人生を見直し、現在ノルウェー有数のメンタル・コーチとなり、オリンピック金メダリストやビジネスエリートたちのコンサルティングを行っている。

 

日常の中で起こる出来事には、予想通りのものもあれば予想外のものもある。

 

時にはまったく考えも及ばない出来事が起こり、どうしたらいいのか迷うことがある。

 

そんな時、自分を支え導いてくれるものがある。それが価値観だ。

 

価値観とは、何かを判断するときに根底となるものの見方であるから、自分が何を、どういった事柄を大切にして生きていきたいのか、その軸になるものだからそれによって人生の方向性が決まる。

 

ラーセン氏は交通事故という思いもよらぬ出来事によってメンタル・コーチへの道が拓かれていった。

 

それは自分の大切にする価値観を見つめなおしたからだろう。

 

環境変化が激しい現代社会の中で、迷っている暇はないということは多いかもしれない。

 

自分の大切にする価値観を明確にして、素早く正しい判断によって、望む方向へと進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.248