参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.250

生涯の目標はすぐには決まらなくても、今日一日の目標くらいは、すぐ決まる。

今日のゴール目指していってらっしゃい。

(ヤポンスキーこばやし画伯 お笑い芸人)

 

「目標を達成したときの価値 × 目標の達成可能性」

 

この掛け算が最も大きくなる目標が、最もいい目標だと言われている。

 

これできたら最高、思い残すことはないみたいな目標は、達成したときの価値は高いけれど、達成可能性が低くなってしまうだろう。

 

逆に、余裕でできるというような目標だと、恐らく達成できてあたり前、感動は薄いかもしれない。

 

だから掛け算が最大になるように、設定することが大事だが、それよりも大事かもしれないことは、リアルにイメージすること。

 

目標を決めるときに大事な期限を決めるということ。

 

30年先の目標をリアルにイメージできる人はほとんどいないだろう。

 

変化の激しい今は、20年先はもちろん、10年先、5年先、もしかすると1年先でさえどうなるかわからないかもしれない。

 

だから、今日一日の目標を決めて、そこにしっかりと価値を置き、大切に守る。

 

すなわち行動するということだ。

 

一日一日を大切に過ごしてきた人は、必ず生涯の目標を見つけられるはず。

 

人生の目標を見つける旅に今日の目標を携えて出発しましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.250