参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.290

一度や二度の失敗や挫折であきらめるな。

リスクを恐れるだけで先に進むことができない人は成功することもありません。

最初に抱いた夢を方向転換させることは妥協ではない。

一つの方法に固執する必要はありません。

臨機応変に別のルートを行けばいい。

(柴田智昭 オフィス・ポート代表取締役)

 

北風と太陽はどちらの力が強い争っていた。

 

実際に勝負しようということになり、二つの勝負を行った。

 

最初の勝負は、旅人の帽子を取ること。

まず、太陽が旅人を照り付けると、旅人は日差しを避けようと帽子を深く被った。

 

今度は北風が強い風を吹き付けた。

すると旅人の帽子は簡単に飛んでいった。

 

次の勝負は、旅人の上着を脱がすこと。

北風はありったけの力を旅人に吹きつけた。

旅人は震え上がって、さらに上着を着込んだ。

 

今度は太陽が旅人を照らした。

すると旅人は上着を脱ぎ、気持ちよさそうに伸びをした。

 

帽子を取るのか上着を脱がせるのか、目的が違えばやり方も違う。

 

なかなか結果が出ないときには、今のやり方に固執するのではなく、一旦、冷静に状況を見極めてみる。そして、もう少し丁寧にやってみるとか、少しやり方を変えてみるなど対策を取ろう。

 

目的に応じて臨機応変な対応ができるように、柔軟に物事を考えて、成果につなげて参りましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.290