参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.302

なんびとも完全であることを期待すべきではないし、完全でないからといって不当に悩むべきではない。

(「ラッセルの『幸福論』の読み方」より)

 

常に完全を目指す完璧主義者はWikipediaによると、「万全を期すために努力し、過度に高い目標を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと 。 定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことである」。

 

これを見ると完璧主義はあまりいいものではない、それが多くの人の意見だろう。

 

では完璧主義から脱出し、充実した形で目標に向かって進める人になるために、ここで完璧主義の特徴を考えてみよう。

 

完璧主義のメリット

・質の高い成果が出しやすい

・細かい作業を丁寧に行うのが得意

 

完璧主義のデメリット

・確信が得られるまで動かず、始動が遅れやすい

・木を見て森を見ずになりやすい

・他人にも完璧を求めてしまう

・うまく人に頼ることができない

・ゼロイチ思考に陥り、あきらめが早い

 

ざっと考えただけでも完璧主義はデメリットが多く、これでは本来その人が持つ能力が発揮できない。

 

細かな点に注意しつつも大局をしっかり見て、自分に求めるものと同じものを他人に求めず仲間を信頼して、頼れるところは頼りゼロか100かではなく合格点以上を目指して、いいと思ったことはすぐに行動に移していきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.302