参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.306

人は誰もが天才だ。

しかし、木を登る能力で魚を評価すれば、その魚は一生、自分はバカだと思い込んで生きることになる。

(アルバート・アインシュタイン)

 

イソップ童話の「ウサギとカメ」

ウサギが過信して競争の途中で居眠りし、歩みは遅いが着実に進む亀に、結果的に負けてしまうというお話。

 

この童話はいろいろな続きが作られている。

 

カメに負けたウサギはもう一度戦いを挑み、今度はウサギが圧勝する。

 

さらに今度はカメが戦いを挑んが、場所は海上でのレースである。沖合の島まで泳いで渡るというもの。

 

このレースはもちろんカメが圧勝、ウサギはゴールの島に到達することはできなかった。レース後、カメはウサギを背中に乗せて、ウサギに様々な景色を見せながら海を渡りました。

 

ウサギは地上を駆けることが得意。

 

カメは泳ぐことが得意。

 

自分が得意なことを活かして、人を幸せにすることができるように努力を続けていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.306