参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.307

「やるかやらないか」

誰に何を言われても

チャレンジした人にしか見えない景色がある

最後まで頑張った人にしか

わからない感動がある

どんなことが起きても

夢を信じ続けた人にしか生まれてこない自信がある

できない理由を考えても

何も変わらない

やるかやらないかを決めるのは自分

怖いけど不安だけどやってみる

欲しい未来を作れるのは今の行動だけ

(田口久人 『そのままでいい』より)

 

高級ブランドに身を固める人の心理は、コンプレックスから来ていると言われる。

 

日本では若くてもブランド品を持っている人が結構いる。

 

中学生でシャネルの財布を持っているような、自分の身の丈に合わないことには違和感を持つ。

 

物質的なもので自分の価値を高めるのではなく、経験や生き様で価値を発揮したい。

 

誰もが持っていない高級なものを持ち、自分の心を満たすよりも、困難なことにもチャレンジし続けて、特別な景色を見たり、感動を味わったりしながら、本当の自信を身につけていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.307