参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.338

誰が弾いても同じなら、私が弾く意味なんてない。

だから私は私だけの音を大切にしているの。

(フジコ・ヘミング ピアニスト)

 

人生を奏でるピアノ、心を温かくする音色、魂のピアニストと呼ばれるフジコ・ヘミングさん。

 

父はスウェーデン人、母は日本人、生まれはドイツ、幼少期に日本に移住したが父は日本に馴染めず、3人の家族を残して帰国してしまう。

 

スウェーデンと日本の法律の関係で、国籍を失いドイツに難民として渡る。

 

極貧生活で暖房のない部屋で生活していたことから、風邪をこじらせ聴力を失ってしまう。

 

それでもピアニストとしての道を進み続け、波乱の半生と魂の演奏が人の心を揺さぶり、ヨーロッパ、アメリカ、日本で次々と認められる。

 

今でも右耳は聞こえず、左耳は40%程度の聴力しかない。

 

だからこそ耳だけに頼らず、心を乗せた演奏を行い「ショパンとリストを演奏するために生まれてきたピアニスト」とヨーロッパで称されるまでになった。

 

自分にないものを考え、ふさぎ込んでいても前へ進んでいける糸口にはたどり着けない。

 

自分の持っているものを最大限活かして、チャンスを確実につかみ取りたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.338