参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.355

心と心のつながりほど、人と人の間をやさしく結ぶものはありません。

(土家由岐雄 童話作家)

 

心とは何だろう?

心にはとても広い概念が存在する。

時と場所、あるいは文脈によってさまざまに変わる心。

 

夏目漱石の名作で「こころ」という小説がある。

 

ある少年が先生と慕う人がいた。

Kという純粋な若者は先生からある言葉を投げかけられた。その言葉によってKはひどく傷つき自ら命を絶ってしまう。

 

そして、先生もまたそのことを悔やみ続け、最後には同じように自分で命を絶ってしまう。

 

人の心は繊細であると同時強い部分も持っている。

 

弱い心に支配されそうになった時に、やさしい言葉で励ましてくれる人に支えられ、やさしい言葉を投げかけることができる人になっていく。

 

心はやはり人と人とやさしく結びつけるものとして活用したい。

 

いま自分があるのは様々な人たちに支えてもらっているから、そのことをどんな時も忘れない自分でありたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.355