参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.376

「頭を柔らかくしたい!」そう思ったとき、まず知っておきたい大前提があります。

それは「生まれたときから頭の固い人はいない」という事実です。

私たちは誰でも最初、柔らかい頭を持っていました。

幼い頃は、素直で従順でした。

自由で柔軟な発想力がありました。

誰もが無知から始まり、常識も先入観もありませんでした。

あなたも幼少期は、すこぶる素直だったはずです。

(水口貴博 Happy Life Style 代表)

 

創造性を高めて新たなものを生み出すためには、柔らかい頭が必要だろう。

 

人間は年齢とともに経験や知識が高まってくると、素早く答えを導き出すことができるようになる代わりに、決まりきった答えしか出せず、頭が固い状態になる。

 

素早く答えを出し、すぐ行動に移す必要があるときもあれば、様々な情報を駆使して、新たなアイデアを生み出す、そんな場面もあるだろう。

 

状況をしっかりとらえて、時と場合によって、頭をシャープに動かしたり、柔軟に動かしたりと、柔らかい頭が必要になってくる。

 

頭を柔らかくするためには、無の状態をつくることが大事らしい。

 

大人になっても知らないことはいくらでもあるけれど、子供のように無になることはなかなか難しいだろう。

 

だから瞑想などしてあえて何も考えない時間を作る。

また、先入観は持たないことも柔らかな頭に大事なこと。

 

そしてどのようなことも答えは一つではないと信じて、素直な気持ちで課題に向き合い、柔らか頭を手に入れましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.376