参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.381

毎日というものをただ年をとっただけで過ごしたのではあまりにも悲しいと思います。

年をとるとともに、なにかが身についてきている。

そして、それがいわゆる垢であってはほしくない。

人生の経験というものを栄養にしたいと思います。

(渡辺和子 『愛と励ましの言葉366日』より)

 

つらい苦しい毎日よりも、できれば楽しく過ごしたい。でも、人生には大変な時期がある。その真っただ中にいるときは、ただしんどいだけだけれど、しんどいなって思うことを乗り越えたときには、達成感を感じることができたり、すっきりした気持ちになれたりできる。

 

何とか頑張って、そこまで到達できた時には、体に栄養がしっかり行き渡っていることだろう。

 

流れのない川がよどんでいってしまうように、人は何もせずに過ごしていたら垢にまみれてよどんでしまう。

 

人生の経験を栄養に変えていくために、目標に向けて今日も進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.381