参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.398

天意夕陽を重んじ、人間晩晴を貴ぶ

(渋沢栄一 幕臣、官僚、実業家)

 

渋沢栄一は日本資本主義の父といわれる人物で、銀行や証券など500以上の設立に関わった。

 

社会活動にも熱心で日本赤十字社の設立にも携わり、ノーベル平和賞の候補にもなっている。

 

今日の名言は少し難しい言葉であるが、単純な意味でいえば「人間の評価は晩年で決まる」ということ。

 

渋沢氏の著書の中で、こう記している。

「人の生涯をして重からしめるか、軽からしめるかは、一にその晩年にある。人は晩年が立派でありさえすれば、若いうちに多少の欠点があっても、世間はこれを許してもくれる。立派な晩年の生活によって、若いうちの欠点失策は、帳消しにすることができるが、いかに若いうちが立派であっても、晩年がよくなければ、その人はついに芳しからぬ人で終わってしまうものである。『天意夕陽を重んじ、人間晩晴を貴ぶ』」。

 

人はそれぞれの年代においてテーマがある。例えば、10代では、恋をし、夢に生き、20代では、自分の殻を破る思い切った挑戦をし、30代では、リアルに人生設計をし、40代では、時間と健康をより大切に扱い、50代では、残りの人生の楽しみ方を決めるなど、それぞれの年代において、人それぞれの生きるテーマがある。

 

一度しかない一生を充実したものとするために、今この年代だからできること、やるべきことを、しっかり行っていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.398