参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.400

良い第一印象を作るチャンスは二度とないわ。

(ココ・シャネル)

 

ある人物や物事を評価するときに、優れている点、あるいは劣っている点があり、そのことが目立ってしまっている場合、その特徴に引きずられて他の印象がゆがめられる。そのことをハロー効果という。

 

かつて『人は見た目が9割』という本が評判となったが、第1印象においてハロー効果が働くと、プラスの印象なら人との関係がうまく築くことができ、マイナスの印象なら誤解を持たれてしまうかもしれない。

 

第1印象で最も大切なのは見た目。

見た目の印象を良くしたいからといって、すべてブランド物で固めたようなファッションでは、逆に中身がないことを披露しているように映るかもしれない。

 

人は最初にどこを見るかというと、ほとんどの人が顔を見るという。

 

顔の中でも特に視線には敏感に反応する。

 

たとえば何となくみられているような気がして、振り返ってみると目が合ったなんて経験はないだろうか。

 

「目は口ほどにものを言う」なんて言葉もあるように、人は相手の目から心を読み取ろうとする。

 

良い第1印象を作るチャンスは2度ない。

 

人には笑顔で温かいまなざしを向けて、仕事に取り組むときは真剣なまなざしで、チャンスを確実にものにして、運の強い人になっていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.400