参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.448

私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。

「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。

(青木功  プロゴルファー)

 

アメリカでも多くの人に知られたゴルファー青木さん。

 

日本ツアーでの勝利数51勝は歴代2位、アメリカやヨーロッパのツアーでも優勝しており誰もが認める名ゴルファーの一人。しかし、プロになった当初はなかなか勝てなかった。1964年に合格ラインに2打差で合格したが、その後7年間勝利することができなかった。

 

1971年に初の勝利を手にし5年後に賞金王となり、1978年からは4年連続賞金王となる。その後世界の舞台でも活躍を続けて2004年には日本人男子初の世界ゴルフ殿堂入りを果たす。

 

プロになった当初の耐え抜いた時期があったから、世界の AOKI は生まれた。

 

やり遂げる気迫を持ち続け常に次の手を考えて、素早い気分転換で厳しい状況を耐え抜き栄光に向かって走っていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.448