参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.490

人の幸せ感は、成績でも経歴でもなく、「他人の喜びを我が喜びと感じる人生を選択できるかどうか」だけで決まる。

(木下晴弘 アビリティトレーニング代表取締役)

 

木下晴弘氏は同志社大学卒業後、銀行に就職するが、学生時代大手進学塾の講師経験で得た充実感が忘れられず、退職して同塾の専任講師になる。生徒からの支持率95%以上という驚異的な成績を誇り、多数の生徒を灘高校をはじめとする超難関校合格へと誘う。その後、関西屈指の進学塾の設立・経営に役員として参加。

 

学力だけではなく人間力も伸ばす指導は生徒、保護者から絶大な支持を獲得。以後、講師および広報・渉外・講師研修など様々な業務を経験(アビリティトレーニングHPより)。

 

働くことは、傍を楽にさせることだと言ったりする。人を楽しませる、喜ばせることによって、自分が満たされる。他人に与えたものは、自分に必ず還ってくる。木下さんはそう仰る。しかし、人が与えたものはその人から返ってくるのではなく、全然別のところから還ってくることが多いから、与えたものが還ってきていることに気づくことができない。

 

人は物事の本質に気づいたときに瞬間的に変わることができるし、人は誰でも成長し変化していくことができるという。

 

他人の喜びを自分の喜びと感じる人生を選択する。そう心に決めて、努力を重ねていきながら成長して本当の幸せに向かって進んでいきましょう。

 

日暮 宏一

 

他人の喜び

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.490