参謀note

経営と教養のための名言マラソン Vol.514

世の中というものは100%他人が決めます。

これはどういうことでしょうか?

自分がパン屋さんだと思ってください。

あなたは自分なりに特別においしいパンを作って、自信を持って店頭に並べました。

しかし、そのパンをおいしいと思うかどうかはお客様次第です。

自分ではとてもおいしいと思っても、お客様がおいしいと思ってくれない限り、パンは一個も売れません。

人から見てどうか、人がどう判断するか?

それが仕事のすべてです。

(井垣利英 人材教育家)

 

自分が気に入っている商品・サービスでなければ、自信を持ってお勧めすることはできないし、お客様が気に入ってくださるものでなければ、選んでいただき対価を支払っていただくことはできない。

 

仕事はお互いの思いがつながったときに成立する。

 

自分自身の思いと相手の思いの両方を考えることができるように、視野を広く持って、様々な角度から物事を見ていきましょう。

 

日暮 宏一

 

お互いの思い

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.514