参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.527

「ブラウン先生の九月の格言」

正しいことをするか、親切なことをするか、どちらかを選ぶときには、親切を選べ。

(R・J・パラシオ 「ワンダー」より)

 

人との交渉の中で正論を武器に話を進める人。こちらは間違っていなくても、相手の立場を思いやって一旦引くこともできる人。

 

正論で突き進んで相手をねじ伏せた場合、その場はこちらの勝ちのように思えるが、相手は感情的には納得していないので、あとから必ず反撃がある。

 

そもそも人との交渉事は勝ち負けではない。

お互いの納得のいく方法を探すもの。

 

親切な心でともに納得できる道を進んでいきましょう。

 

日暮 宏一

交渉

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.527