参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.532

まずは小さな目標からだ。

あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。

まずは小さな目標からだと。

(モニカ・セレシュ テニスプレーヤー)

 

セレシュは15歳でプロ転向後すぐに活躍を始めた。

1990年、16歳6ヶ月で全仏オープンを制し、当時の4大大会最年少優勝記録を樹立、17歳3ヶ月の時には史上最年少で世界ランク1位など、華々しい活躍をしたテニスプレーヤー。しかし、1993年4月試合中に暴漢に襲われ、ナイフで背中に大きな傷を負ってしまい、復帰までに2年もの期間がかかってしまう。

 

実は大きな傷は背中のものではなく、心の傷だった。テニスができるようになっても、背中を刺された時の記憶が何度もよみがえってきて、観客に背中を向けてプレーをすることができないのだ。

 

そこから地道な努力を続けていって、ようやく1995年8月にカナダでも復帰戦で優勝を果たす。

 

また翌96年には全豪オープンで優勝し、復帰後初の4大大会制覇を成し遂げる。

 

失敗やアクシデントによって心に大きな傷を負うと、背中に重い荷物を背負うかのように、人は前へ進むことが困難になる。それでも小さな一歩を踏み出し続けていけば、だんだんと筋肉がついてきて、やがてその荷物は軽く感じるようになる。

 

まずは小さな目標から一つ一つクリアして、確かな実力を備えて、どんな困難も越えられる力を備えていきましょう。

 

日暮 宏一

小さな一歩

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.532