参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.584

とにかく三年間、真剣味を維持して努力を続けてみなくてはいけない。

そうするとまた別の道が開けてくる。

人生五十年というけれど、わずか三年間の辛抱ができるかどうかで、一生が幸福な人生となるかどうかが決まる。

(渡部昇一 上智大学名誉教授)

 

「石の上にも三年」という言葉がある。これは冷たい石の上でも、3年座り続けていれば、やがて石が温まり、温かく感じるようになるということから、努力を継続すれば必ず報われるという意味。

 

また「10,000時間の法則」というものもある。10,000時間を3年で割ると1日約9時間となる。1日8時間労働に少しプラスアルファで3年、そうすればプロ級になれるという言い伝え。

 

3年なのか10,000時間なのかは別にして、そういう言い伝えがいろいろあるということは、それだけ続けられない人が多いということだろう。

 

1年頑張ってきたけど結果が出ない。そんなとき多くの人は見切りをつけてしまうかもしれない。でも本当に頑張ってきたのなら、きっと光は見えているはず。

 

見えていないとしたら、頑張り切れていなかったか、要点を押さえずただ同じことをしてきただけなのかもしれない。

 

真剣味を維持して努力を続ける。

なかなか難しいことかもしれない。

 

難しいのならば、うまく工夫を加えて、継続できる方法を見つけ、結果につながる努力にしていきましょう。

 

日暮 宏一

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.584