参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.16

人間は、努力しているあいだは、迷うにきまっている。

(ゲーテ 詩人・劇作家)

 

目標の達成に向けて努力を重ねているとき、いろいろと疑問が生まれてくる。だからどこまでも成長を続ける人は、ずっと疑問がついてきて、ずっと迷うことになる。

 

だからといって、いつも迷っているわけではない。

 

計画し決断し、さあ行動しようという時には行動に揺らぎが出ないよう迷わずに行う。そして、時折進捗をチェックしたり、計画を修正したりするときに本当にこれでよかったのだろうか、もっといい方法はなかったのだろうかと前向きな疑問を自分に投げかけ、前へ進むためにいろいろと迷うことになる。

 

今までの行動を貴重な経験として活かしきるために、いい意味で迷う心を持ちながら目標に向けて前へ進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.16