参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.22

才能無えヤツがあきらめ良くて、何が残るってんだよ!!

(『はじめの一歩』 青木勝のことば)

 

『はじめの一歩』はボクシングを題材とした森川ジョージによる漫画作品。29年ものあいだ連載が続いており、122巻にまで達している。

 

主人公は「幕之内一歩」、ジムの先輩である「青木勝」、青木の同期の「小島寿人」。小島は妻の出産を機に引退を決意し、最後の舞台として一歩への挑戦を選んだ。試合は一歩の圧倒的な勝利で幕を閉じた。

 

試合後、同期の青木が小島に言い放った言葉が今日の名言。そこに至るやり取りはこうだ。

 

青木「本当にこのまま引退できるのか?」

 

小島「仕方ないんだ。」

 

青木「安っぽい努力しかしてないからそんなセリフが言えるんだ、この先もそうやって何でも中途半端にゴマかしていけばいい。」

 

小島「プロの世界ってのは選ばれた人間だけが上に行けるんだ。持ってねえ人間がいつまでもしがみついてりゃぶっ壊れるだけだ。才能無えからよ、どこかでさっぱりあきらめるしかねえんだよっ!」

 

青木「違うだろーがっ!コツコツ積み上げてきたからしがみつくんだよ、積んで積んで、ようやく登ってきたのに簡単に下りられるワケねえだろっ!才能無えヤツがあきらめ良くて、何が残るってんだよ!!

 

才能がないと分かったときに、別の分野に挑戦をする。それも正しい選択なのかもしれない。しかし、才能がないってどうしてわかるのだろう?エジソン、ゴッホ、ダーウィン、マイケル・ジョーダン、ベーブ・ルース、ウォルト・ディズニー、チャップリンなど、才能がないと言われていた偉人は数知れずいる。

 

「自分には才能がない。」そう感じたことがある人は、たくさんいるだろう。

 

才能がないなら、ねばってみる、しがみつく、あきらめない、そんな選択を試してみるのもいいのではないだろうか。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.22