参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.27

世界は意外に単純で、心配事には心配事が、笑顔には笑顔が、感謝には感謝が集まるようになっている。

(斉藤美苑 筆文字講師)

 

霊長類など高等動物の脳内には、ミラーニューロンという神経細胞が存在する。その細胞が働くことによって他者の行いを見て、自分ごとのように感じることができる。たとえばドラマの中で健気に頑張っている子供の姿を観て、思わずガンバレ~って心の中で強く思ったり、無実の罪で捕まって、ひどい拷問を受けているシーンを観て自分も同じことをされているかのような気持ちになったり、これらはミラーニューロンが働くことによって起こっている。

 

自分の周りの現象は自分の心の内を表したものだと言われる。その理由はミラーニューロンの働きを考えれば理解できる。自分がいつもしんどそうな態度や表情をしていると、その行いを見て周りもそのようになるだろう。逆にいつも明るく元気そうにしていると、ミラーニューロンが働いて周りも同じようになっていくだろう。

 

今日も感謝と笑顔の発信源に自らがなることで、周りの世界を明るいものにしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.27