参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.51

小さな挫折や失敗を気にせず「今日はこれだけやれた」という達成感を積み上げていく。無理しない範囲で、できることを積み重ねていけばやがて無理が利くようになります。

(三浦雄一郎 プロスキーヤー・登山家)

 

コツコツ努力していても、好きなことだけ気ままにやっていても、土壇場に追い込まれるときがある。そんなときいつもとは違った力を出すために、無理する必要が出てくることがある。

 

好きなことを気ままにやってきた人は、急に無理すると体調崩したり折れてしまったりする。コツコツ努力を重ねてきた人は、大事な場面で少し無理をしていつも以上の力を発揮する。しかし、人は自分に対しても人に対しても、できたことよりもできなかったことに対して注意が向きやすいから、できなかったことばかりに目を向けていた人は、ここ一番の頑張りが利きにくい。

 

せっかくコツコツと努力を続けているのだから、「今日はこれだけやれた」と思えるような形で、今日一日を過ごして、底力を養っていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.51