参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.57

いつも失敗の連続ですよ。

商売に関していえば1勝9敗ぐらいです。ほとんど失敗してる。

新しいことを初めて成功する確率は、ほとんどゼロに近い。

(柳井 正 ファーストリテイリング会長)

 

昭和の3大経営者といえば、パナソニックの松下幸之助氏、ホンダの本田宗一郎氏、そしてソニーの盛田昭夫氏があげられる。現代の名経営者といえば、京セラの稲森和夫氏やソフトバンクの孫正義氏、そしてユニクロの柳井正氏などがあげられるだろう。

 

今や誰もが知る名経営者の柳井氏だが、数多く失敗も経験している。

柳井氏は、地元の高校を卒業後、早稲田大学に入学、就職は大手商社を受けるがことごとく落ちて大学を卒業後、しばらくしてジャスコに入社する。しかし、9ヶ月で退職してしまうことになり、山口に戻って父が経営する小郡商事に入社する。父からバトンを受け取り社長になってからは、UNIQLOブランドを立ち上げ、社名もファーストリテイリングとし、会社をどんどん成長させ名経営者となっていったが、その間にも野菜の販売事業では多額の負債を抱え失敗するなど、すべてが順調に来たわけではない。

 

人生は長いようで短いし、短いようで長い。一次の失敗や不調にとらわれるのではなく、大局でとらえることですべては次に活かされる。

 

1勝9敗、上手くいかないことの方が多いけれど、視野を広持ち、様々な視点からものを見て視座高く道を進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.57