参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.62

「細心大胆」気が弱くては物事は成功しない。精神を強くして勇気を持てば、おおかたの物事には負けない。

百の鬼が襲ってきても、なんのこれしきのこと思ってにらめば鬼は意外と弱いものである。だが、こちらが弱みを見せれば調子にのって襲うのが鬼どもの戦略である。

気は強く決心堅く欲薄く、こゝろは細く肝は太かれ

(新渡戸稲造 『[新訳]一日一言』より)

 

心は細く肝は太い。

新渡戸稲造が武士道で言う心が細いというのは、気が弱いということではない。

心が細やかだということ。

心配りができるということ。

いろいろ心配するのではなく心を配るということ。

心配には信頼が感じられない。

心を配るのは信頼がベースとなっている。

 

肝を太く、すなわち自分のことを信頼し、しっかりと先々のことに対して心を配り、細心の準備で大胆に目標へ向けて進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.62