参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.68

小さなどんぐりが大きな樫の木になるように、誰の中にも限りない可能性があります。

(大杖正信 『50のエンパワーメントメッセージ』より)

 

樫の木は常緑樹で非常に丈夫な樹木で、10mにも20mにも成長する樹木である。どれも似たり寄ったりで、抜きんでた者がいないことを「どんぐりの背え比べ」というように、どこまで大きくなるかは、どんぐりの段階ではわからない。乾燥して発芽できずに終わるどんぐりもあれば、動物のえさになるどんぐりもある。

 

厳しい環境に耐えて発芽の条件が揃ったものだけが、大きな樫の木になる。

 

どんぐりと違って人間は、様々な工夫をしたり、自分の考えで行動することができる。

 

最初の段階では同じように与えられた可能性を、工夫と努力で結果につなげていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.68