参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.106

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう

耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう

目は人のよいところを見るために使おう

手足は人を助けるために使おう

心は人の痛みがわかるために使おう

(腰塚勇人 「命の授業」講演家)

 

人生100年時代、100年もの間使い続けているもの、私たちの身の回りにそんなものがあるだろうか。

 

丁寧に使い続けるとしっかり動き続けるが、荒っぽい使い方をしてきたために、50年ぐらいで使い物にならなくなることもある。あるいは十分に使っていないために、動かなくなってしまうこともある。

 

私たちの体は使い方次第で寿命が大きく変わる。

 

口や耳、目や手足、そして心を大切に、与えられた身体に感謝して使っていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.106