参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.129

健康であるかどうかは、自分の「心」が決めている。

(仏陀)

 

昭和の三大経営者の一人である松下幸之助氏。

 

彼は肺尖カタルという病気にずっと悩まされていた。

 

結核の初期とされる病気で、当時は死に至る病であった。

 

入院を何度も繰り返し、症状が重くなることもあった。

 

50歳ぐらいまでは寝たり起きたりの生活だったという。

 

そんな身体の状態であったが、不況の世の中で大規模な解雇を行う以外に方法がない、そう思われるような状況に陥ったとき「窮地に立たされて、また体調がよくなってきた」と松下幸之助氏は語っていたという。

 

人は誰でも、どんな状況にあってもやりがいを見つけることができる。

 

やりがいがその人の心を健康にする。

 

やりがいは与えられるものではなく、自ら見出すもの。

 

あらためて自分のやりがいを思い起こして、まずは心から健康にスタートしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.129