参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.139

運がいい人も、運が悪い人もいない。

運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。

(中谷彰宏 作家、俳優)

 

人は何かを思ったり、感じたり、考えたりする。

思うこと、感じることは主観的なものであり、間違いなく自分自身のこと。

たとえば、「好きなあの人に告白したいと思う」という表現はオッケーだが、「好きなあの人に告白したいと考える」だと、何となく他人事のようでしっくりこない。

 

また、思うことや考えることは思考なので、自分が意識して行うものだけれど、感じることは感覚的なものなので、意識してなくても行われる。

たとえば、「今年こそは目標を達成したいと思っている」と表現することはあっても「今年こそは目標を達成したいと感じる」とは言わない。

 

最終的に運がいいが悪いかは、感覚ではなく意思である。

 

「運が悪いなぁ」と感じてしまうことがあっても仕方がない。でも、次の瞬間に感覚(無意識)から思考(意識)へ変えて、自らの意思で幸運を引き寄せていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.139