参謀note

気付きの走り書きメモ

笑顔が与える安心感

私が所属する会社の社長について、話をしたいと思います。

 

彼は、会議中や一人で仕事をしているときこそ真剣な面持ちですが、社内を歩いているときや社員と話しているときは、いつもニコニコと笑顔です。

 

社長として、会社の成長戦略や資金繰りなど、他人には簡単に相談できないことを考えなければならない上に、様々なアポイントを分刻みでこなすほど忙しいはずですが、いつも笑顔で社員と接しています。

 

社員の私から見ると、そうした社長の表情から、非常に安心感を覚えます。

 

社長であっても話しかけやすく、意見も発言しやすい雰囲気のせいか、社内は様々な意見が飛び交い、活気があります。

 

改めて、笑顔で居ること・楽しそうにしていることは、相手に安心感を与え、信頼関係を築くベースとなるのだと思います。

 

つい忙しいときや考えが行き詰っているときなど、表情が硬くなったり、話しかけさせない雰囲気を出してしまいがちですが、笑顔で居ることの効果を改めて意識し、自分自身の表情や雰囲気にも注意したいと感じた次第です。

 

この参謀noteの著者:

参謀赤尾 真史

参謀の特長
人材サービスのベンチャー企業において、企業法務を中心に経営管理業務を行う。企業法務だけにとどまらず、社内の管理体制の構築に従事。
お問い合わせ
  1. 笑顔が与える安心感