参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.161

成功すると思うからやってみたい、それができないと思うから行かないという判断基準では後悔を生む。

やってみたいなら挑戦すればいい。その時にどんな結果が出ようとも後悔はでない。

基本的にはやりたいと思ったことに向かっていった方がいいですよね。

(イチロー)

 

日米通算4367安打など数々の記録を残し、イチロー選手が現役を引退した。

 

イチロー選手は2001年、21世紀の始まりから当時日本人野手としては初めて大リーグでプレーすることとなり、さすがのイチローでもパワーを競う大リーグでは成功は難しいだろうという声も多かった。

結果的には大方の予想に反して、大リーグのプレースタイルを変化させるほどの素晴らしい結果を残すこととなった。

 

引退会見の中で子供たちへのメッセージを依頼され、イチローは次のように語った。

 

「自分が夢中になれるものを見つけてくれたら、それにエネルギーを注げるのでそれを早く見つけてほしい。」

 

できるかできないかではなく、やりたいかやりたくないか。

 

その基準を大切にし、やりたいことに向かって27年間プロとして努力をし続けてきたイチロー。

 

平成の終わりとともに選手としてのイチローは終わった。

 

イチローが与えてくれた勇気に感謝して、やりたいことを成し遂げるために努力を重ねていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.161