参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.164

人間って、できたことはうれしいけど、深く残らないんですね。やりたいのにできなかったことのほうが、浮かび上がってくるんです。

(城島健司 元プロ野球選手)

 

長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手の城島健司さん。

 

甲子園出場は果たすことができなかったが、その実力は中央球界で評判だったこともあり、ソフトバンクホークスに1位指名され、ソフトバンクで11年、マリナーズで4年、最後は阪神タイガースで3年間プレーした。

 

捕手として最高の成績を残すなど、素晴らしい結果を残した城島選手であるが、守備の弱さから当初はキャッチャーに向いていない、そういう評価を多くの人からされていた。

 

人間はどうしてもできないことに焦点があたりがち。

 

心に浮かび上がってきたできないことを、どう捉えて前に進むか、それが成長の課題。

 

できないことを克服しようとすることも大切だけれど、できることをさらに伸ばすことはもっと大切。

 

視野を広く持って、ニュートラルな気持ちで、自分を高めていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.164