参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.185

あれは努力じゃなくてただの労働だ。

俺の言う努力というのはそういうのじゃない。

努力というのはもっと主体的に目的的になされるもののことだ。

(村上春樹 小説家)

 

2019年4月15日の夕刻、ノートルダム大聖堂が大規模な火災が発生し、屋根の尖塔などが崩落してしまった。

 

パリの市民には、身体の一部が失われたような気分だと語る人もあり、世界でも大変ショッキングな出来事として捉えられている。

 

ノートルダム大聖堂は850年以上も前の建物で、パリから各地への距離を表す時には、起点となっている場所である。

 

パリの起点を失った人々は、心に大きなショックを受けたが、それを受けてたくさんの人が支援に動き出した。それもマクロン大統領が支援を要請する前にである。

 

このように誰かに指示されたわけではなく、自分の意志と判断によって行動することを「主体的行動」という。

 

人間は感情の生き物であるから、感情によって突き動かされるもの。

 

感情が起点となって、判断がなされ、行動が生まれる。

 

判断を行う時に、感情のままに判断がなされるのか、意志を伴って判断がなされるかによって行動は大きく変わってくる。

 

主体的な行動は、結果がどうなろうとも自信につながりやすい。

 

心が揺れたときには、自分の意志を働かせて主体的な行動でイキイキと充実した時間を過ごしていきましょう。

 

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.185