参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.198

「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」とピカソは言った。

だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むことに関して、恥じることはなかった。

(スティーブ・ジョブズ アップル社の設立者の一人)

 

様々なデジタル機器を世に送り出してきたアップル社、その設立者の一人であるスティーブ・ジョブズは偉大な発明家のように思われているが、実はマネたり改良したりする天才だったのかもしれない。

 

今やパソコンでマウスを使うことは当たり前であるが、もともとはゼロックス社が開発したが使えないとして、捨てられていたものをただ同然で譲り受け、自分の開発していたものに組み込んだのが始まりなのだ。それが今では非常に便利なツールに発展している。

 

デジタル音楽プレーヤーの i-pod もアップルが始まりではない。

 

i-pod 発売の前年にはSONYが開発に成功しており、他の日本メーカーも様々な機種を出していたが、ヒットさせたのはアップルだった。

 

i-pod はその後、携帯電話と融合し i-phone へと進化した。

 

簡単なまねごとでは、本物を凌駕することはできない。しかし、物まねのレベルと越えるぐらいにとことん研究し、本物を丸ごと盗んでしまったかのようなところまで真似ると、優れたものから偉大なものへと発展を遂げる。

 

どうすればいいかわからない、アイデアが浮かばない、そんな時はとりあえず上手くいっている人のマネをしてみる。それも細部にわたるまでとことんマネてみる。細かいところがわからなければ想像でもいい。

 

例えばイチローだったらどうするだろうか?

そんな風にあこがれの人を想像してみるのでもいい。

 

そんなところから素晴らしいアイデアは、生まれてきたりするのではないだろうか。

 

物まねから盗むレベルへと学習レベルを上げることで、成長のスピードを上げていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.198