参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.201

幸福とは物事の限界を知り、その限界を愛することだ。

(ロマン・ロラン ノーベル賞受賞作家)

 

ロマン・ロランは、反ファシズムを掲げ、平和主義を貫き戦争反対を叫び続け、文化的にも政治的にも広く活躍した人物で、限界という言葉とは無縁に思える人であった。

 

しかし、反戦活動の中で常に逆風にさらされ、心が折れそうになることもあっただろう。

 

限界を感じながらも、また一歩前へ進む。その繰り返しを行うために、限界を愛するという言葉で自らをねぎらったのだと思う。

 

ダメかな、もう無理だ、そう思ったところからの一歩は、自分を大きく成長させる一歩であることは一歩踏み出したずっと後になってわかるもの。

 

勇気を出して、自分を信じて、進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.201